リスクを抑える

毎月分配金を得られる形を自分で作ることができます

Indoor Decoration

上場不動産投資信託をうまく活用すれば毎月収入を得ることができるようになります。上場不動産投資信託で運用している毎月分配型の株式投資信託を購入するというのも選択肢の1つですが、株式投資信託を保有した場合には販売手数料や信託報酬がかかります。自ら上場不動産投資信託を直接保有することで毎月分配金を受け取る形も取れるのです。その方法とは、決算月の異なる銘柄を6つ保有するということです。1月から6月までの間に決算を迎える銘柄を1つずつ保有すればよいのです。上場不動産投資信託は6ヶ月決算ですから、これらの銘柄を保有することで必然と7月から12月までの決算月を迎えることになります。分配金は決算日から約2か月半程度で支払われます。

月1万円の副収入を目指そう

仮に1銘柄30万円とすれば、6銘柄保有すればよいので180万円の投資資金を用意すれば毎月収入を発生させることができるようになります。平均分配金利回りを4%と仮定すれば年間で72000円、月6000円の収入を得ることができるようになります。投資額を増やしていけば月1万円を超える副収入も夢ではありません。もらった分配金を再投資に振り向ければ複利効果を得られ、分配金は加速的に増えていきます。上場不動産投資信託は大きなキャピタルゲインを得られる可能性は小さいものの、収益は安定していますので、生活費の足しにすることもできます。もちろん、銘柄選びは慎重に行う必要がありますが、株式投資よりもリスクは小さいです。